【使い方紹介】マクドナルドのモバイルオーダーが便利すぎました【簡単】

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

マクドナルドのモバイルオーダー、使ったことありますか?

マクドナルドのモバイルオーダーは、新幹線のEX予約の次に絶対活用した方がいいとシステムです。

「やり方がわからない」が、あなたの「使わない」の理由にならないために、利用手順をざっくりまとめました。

それでは!

マクドナルドのモバイルオーダーの利点

マクドナルドのモバイルオーダーの利点
  • レジに並ばなくていいので、かなり時短になる
  • 財布を出さなくていいので、めんどくさくない
  • コミュニケーションが不要
  • 店舗に関わらず、paypayやLINE payが使える
  • 店側も接客が不要になるので、回転が早くなる

マクドナルドのモバイルオーダーの欠点

マクドナルドのモバイルオーダーの欠点
  • マクドナルドクルーとの会話(?)を楽しめない
  • スマイルをオーダーできない
  • 店舗を間違えて注文完了してしまうとキャンセルできない

支払った後にキャンセルできないのは当たり前ですね、店舗は確認しましょう。

(てか、そもそもまだ「スマイル」ってメニューにあるんですかね)

マクドナルドのモバイルオーダー利用手順

さっそく、マクドナルドのモバイルオーダー利用手順を説明します。

「マクドナルド」のアプリをダウンロード

まず、App StoreやGoogle ストアで、「マクドナルド」のアプリをダウンロードしてください。

 

アプリを起動

アプリを起動します。

 

「オーダー」へ

店舗を選択

メニューを選択

クーポンを使う

   

もちろんレギュラーメニューやバリューセットから選んでもいいですが、僕はこのときはクーポンを使いました。

ドリンクを選択

僕はホットコーヒーを飲みたかったのに、間違えてアイスコーヒーをタップしてしまいました。

寒い三(‘ω’)三( ε: )三(.ω.)三( :3 )三(‘ω’)三( ε: )三(.ω.)三( :3 ))

レジに進む

利用方法を選択

僕は「店内でお食事(カウンター受け取り)」を選択しました。

「テーブルにスタッフがお届け」を選択する場合は、先に席を確定した上で、席の番号を入力します。

持ち帰りもできるらしいですが、僕はやったことがないです。

支払い方法を選択

 

僕は「paypay」を選択しました。LINE payやクレジットカードも選択できるそうです。

注文を確定する

「受け取りに進む」

この操作が完了すると、商品を作り始めます。逆に言えば「受け取りに進む」の操作をしない限り、商品は出てきません

公式としては「店に到着してから」操作を進めてほしいそうですが、個人的には、最大限に時短するために、「あと1、2分歩けば店に到着する」くらいの距離で操作を進めるのがオススメです。

各種支払い方法で支払う

 

「マクドナルド」アプリに戻る

待機して、商品を受け取る

あとは、この「M(モバイル)」で始まる番号の画面を見せれば、カウンターで商品を受け取れます。

マクドナルドのモバイルオーダーはいいぞ

いかがでしたでしょうか。利点を再掲します。

マクドナルドのモバイルオーダーの利点

  • レジに並ばなくていいので、かなり時短になる
  • 財布を出さなくていいので、めんどくさくない
  • コミュニケーションが不要
  • 店舗に関わらず、paypayやLINE payが使える
  • 店側も接客が不要になるので、回転が早くなる

正直、マクドナルドを利用するにあたってモバイルオーダーを使わない理由がありません

あ、例外的に注文を通じてマクドナルドクルーと会話を楽しみたい(?)方は、カウンターで口頭で注文してください。

それでは。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です