【Among Us!】Macユーザーが『Among Us!』をプレイする3つの方法

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

『Among Us!』という、別名「宇宙人狼」とも言われるゲームが話題ですが、たった1つ欠点があります。

そうです。

『Among Us!』はMac OSでプレイできないんです。(もしかしたら今後対応するかもしれん)

ということで今回は、Macユーザーが『Among Us!』をする方法をお伝えします。

それでは!

Macユーザーが、それでも『Among Us!』をする方法

ゲーム実況界隈を中心に話題の『Among Us!』ですが、Mac OSでプレイすることができません

そこで、Macユーザーが、それでも『Among Us!』をする方法を考えてみます。

ゆうて当たり前のことしか言ってなくて、裏技のような方法ではないです。

スマホでやる

第一に、スマホです。

たいていの人はこれで妥協しているのではないでしょうか。

『Among Us!』は、iOS、Androidともに対応しているので、とりあえずスマホさえ持っていれば、『Among Us!』をプレイすること自体はできます。

ただ、『Among Us!』はスマホでプレイするには操作性が低いです。

壁にぶつかって最短で移動できなかったり、ゲーム内のタスクをうまく処理できなかったりします。

なので、やはりできればパソコン上でプレイしたいところです。

WindowsPCを用意する

第二に、WindowsPCを用意することです。

古いPCを持ってたらそれを使う。

なかったら買う。

僕は昔使っていた Surface があったので、それを用いてプレイしています。

ちなみに500円課金して、 Steam というプラットフォームを使います。

このように、WindowsPCが用意できるなら、話が早いですね。

というか、WindowsPCが用意できるなら、苦労はしないですね。

WindowsPCを持っていない人からすると、(ほぼ)『Among Us!』をするためだけに新しくPCを購入するのは、金銭的な観点でハードルが高いです。

仮想WindowsOS on Mac OS

第三に、MacOS上に仮想でWindows OSを立てて、その上で『Among Us!』をプレイすることです。

Standard Edition の単発購入で9,818円だそうです。新しくPCを一台買うよりは、断然安いですね。

僕が所属しているオンラインコミュニティ『ライフエンジン』のメンバーがこの方法で『Among Us!』をプレイしているとの受け売りなので、詳しくは知らないです。

また方法は調べてみてください。

Virtual Boxとかを使ってもいいと思います。

Mac の VirtualBox に Windows10 をインストール

Mac ユーザーもなんとかして『Among Us!』をプレイしよう!(?)

いかがでしたでしょうか。

環境が原因で話題のゲームが出来ないのはつらいですよね。

ゆうて近いうちにMac OSへの対応も実装されそうな気はしていますが、流行が過ぎ去ってしまわないうちにプレイしたいので、Windowsでプレイしてみます。

人によって状況は異なると思うので、以下の順番で考えればいいのかなと思います。

状況に応じた選択肢の選び方フロー
  1. WindowsPCを持ってる:それを使う
  2. とりあえずプレイできたらいい:スマホ
  3. 操作性高くガチでプレイしたいけど、出費は最小限にしたい:仮想OSを立てる
  4. そろそろサブで新しくPC買ってもいいと思ってた or 仮想OSがよくわからん:WindowsPCを買う

良い『Among Us!』ライフをお送りください。

それでは。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です