【徹底解説】3分で麻雀がとりあえずできるようになる【レベル1】

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。 この記事に来たあなたは麻雀のルールが難しい、覚えることが多いと思っていますね。 確かに麻雀は奥が深いので、簡単とは言いません。 ですが、ざっくりできるようになって、追い追い覚えればいいのです。 そのざっくりできるようになるまで連れて行ってあげましょう。 それでは!

麻雀のルール

1.牌の種類

  • この34種類で、各4枚ずつの、136枚がすべてです。
  • 呼び方は暗記しなくても遊べば勝手に覚えますが、共通理解として置いておきます。
数牌の呼び方
  • 1:イー
  • 2:リャン
  • 3:サン
  • 4:スー
  • 5:ウー
  • 6:ロー
  • 7:チー
  • 8:パー
  • 9:チュー(キュー)
ドラゴンボールの四星球、「スーシンチュー」って読むと思います。アレの「スー」が4です。 例えば1なら、上から順番にイーマン、イーピン、イーソーです。
風牌、三元牌の呼び方
  • 風牌:トン、ナン、シャー、ペー
  • 三元牌:ハク、ハツ、チュン

2.ゲームの流れ

14枚で構成される「アガリ形」を目指します。
ゲームの流れ
  • 13枚ずつ配って、1枚引く(ツモ)、どれか1枚捨てる。
1枚ずつ交換を繰り返して、目指す形に寄せていくわけです。

3.「アガリ形」とは?

アガリ形
「4面子(めんつ)」+「1雀頭(じゃんとう)」の5要素
面子(めんつ)は2種類があります。
面子(めんつ)の種類
  • 刻子(コーツ)
  • 順子(シュンツ)
  • コーツとは、3枚同じ牌のセットです。同じ牌は4枚しかないのに、3枚も集めるので確率が低いです。
  • シュンツとは、123とか678とか、3連続する数牌セットです。すぐ作れます。
雀頭(じゃんとう)
  • 2枚同じ牌のペア
  • 一瞬で作れます。

4.アガリ方

アガリ方
  • 5要素のうち、4要素そろって「あと一歩」になったら、1枚捨てるときに「リーチ」と言います。
  • その後も「1枚引いて1枚捨てる」を繰り返し、完成するための牌を引いたら、「ツモ」と言って、アガリ
    • 他の3人の誰かが完成するための牌を捨てたら、「ロン」と言って、アガリです。
説明は以上です。

進め方のイメージ

とりあえず麻雀の進め方を練習する人
「めんつ」が2つで、「じゃんとう」が1つ。パーソーを捨てよう。
とりあえず麻雀の進め方を練習する人
やった!ピンズの456で、「めんつ」の3つ目が完成した!ハクを捨てて「リーチ」!
とりあえず麻雀の進め方を練習する人
やった!ソーズの567が完成して、「4めんつ1じゃんとう」が完成だ!「ツモ」!
  • アガリですおめでとうございます
それでは。 チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です