オシャレに無頓着な人がパーソナルカラー診断を受けるメリットとは?

 

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

先日、「パーソナルカラー診断」というものを受けてきました。

僕がパーソナルカラー診断を受けたきっかけは、一言で言えば「パートナーにオススメされたから」ですが、その内容はとても納得できるものでした。

そして、オシャレに対してそれほど興味がない僕でしたが、だからこそパーソナルカラーを受けるメリットがあったなと感じました。オシャレ意識が高い人は全員受けている気がする(?)ので、結局全人類が受けていいものな気がしました。

ということで、その理由をご説明いたします。

それでは!

パーソナルカラー診断とは?

髪、肌、顔、身長、体格など、”見た目”に関係する情報は人それぞれであり、当然「万人に似合う服」は存在しません。かといって、自分に似合うバッチリの服なんてものも存在しないし、そもそも数値化できるようなものではありません。

それを4つに分類したものが「パーソナルカラー」であり、概念的で難しい「ファッション」の方向性を示してくれる第一歩となっています。

パーソナルカラーは大きく2つのタイプ(イエベ・ブルベ)に分かれ、さらに「明度」「彩度」「清濁」によって4つのタイプ(スプリング・サマー・オータム・ウィンター)に分けられます。

サロンによって異なるかもしれませんが、多くのパーソナルカラーサロンでは、4つのタイプの順番(1位〜4位)を教えてくれます。ちなみに僕はサマー→ウィンター→オータム→スプリングでした。完全にブルベタイプですね。

パーソナルカラーのタイプ
  • 黄みを含んだ暖かい色が似合う「イエローベースタイプ(イエベ)」
    • スプリング:明度が高くて、清色(澄んだ色、ビビッドな色)
    • オータム:明度が低くて、濁色(くすんだ色、ソフトな色)
  • 青みがかった涼しげな色が似合う「ブルーベースタイプ(ブルベ)」
    • サマー:明度が高く、濁色(くすんだ色、ソフトな色)
    • ウィンター:明度が低くて、清色(澄んだ色、ビビッドな色)
Tipsを紹介するチャイフ
ちなみに、パーソナルカラーは「顔色がどう見えるか」を基準に考えているので、ボトムスには関係ないらしいです。

京都・烏丸のパーソナルカラーサロン『ic light』

パーソナルカラーサロンは京都にもいくつかあるようで、今回は四条烏丸の近くにある『ic light』というサロンに行ってきました。

ic lightの情報
  • 名前:ic light
  • 所在地:京都府京都市中京区三条町332 株式会社 ic プロデュース 2階(新町三条下ル)
    • 🚃 京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅から徒歩5分
    • 🚃 阪急 烏丸駅から徒歩10分
  • 営業時間:10:00 ~ 12:00、12:00 ~ 13:30、14:00 ~ 16:00、16:30 ~ 18:30
  • 電話番号:0757465256
  • 料金:
    • パーソナルカラー診断&ポイントメイク:60分 ¥8,500
    • 骨格診断:60分 ¥8,500
    • パーソナルカラー診断&ポイントメイク&骨格診断:90分 ¥17,000
    • メンズ専用パーソナルカラー診断:60分 ¥8,500
    • 顔タイプ診断:60分 ¥8,500
  • ホームページ:https://reserva.be/iclight/about

パーソナルカラー診断は全人類受けたほうがいい

冒頭でも述べた通り、パーソナルカラー診断は全人類受けたほうがいいです。その理由として、3つのメリットをご紹介します。

服を選ぶ際に失敗しなくなる

1つ目が、服を選ぶ際に失敗しなくなることです。

多くのパーソナルカラー診断のサイトで謳われている代表的なメリットです。

そもそも「パーソナルカラー」というものが、あなたに似合う色の傾向を教えてくれるものなので、このメリットはパーソナルカラーの定義みたいなものですね。

”似合う色”を身につけるメリット
  • 明るく華やかな印象になる
  • 血色や肌ツヤがよく見える
  • 瞳がキラキラ輝く
”似合わない色”を身につけるデメリット
  • 顔色が悪く見える
  • シミやクマが目立ってしまう
  • 重たい印象になり、老けて見える

先述の通り、多くのパーソナルカラーサロンでは、4つのタイプの順番(1位〜4位)を教えてくれます。なので、上位2つの傾向を押さえておけば、服選びで失敗する確率がほぼなくなります。

僕がファッションに興味を持てなかった最大の理由が「わからない」「正解がない」だったので、パーソナルカラー診断によって明確に正解・不正解が示されたので、とても大きなメリットを感じています。

これで、いい服を着ていい印象を手に入れて、いい人生を手に入れましょう(?)。

服を選ぶ際に迷わなくなる

2つ目が、服を選ぶ際に迷わなくなることです。

一言で言えば時短になります。

ファッションを知らない人
ファッションは時間をかけて吟味するものなんじゃないの?
ファッションを知らないチャイフ
不要な迷いをカットできるならしたらいいのでは?

ショップを見に行った時に、単純に見る量が半分になります。なぜなら、自分に似合わない色の服は材質も値札も見る必要もないし、試着する必要もなくなるからです。

店内にかかっている服をザッと見て、自分のパーソナルカラーに似合う色だけを検討すればいいので、時短になります。

服屋に行く前にさっさと自分のパーソナルカラーを知って、効率的に服選びを済ませてしまいましょう。

↑とにもかくにも…パーソナルカラー診断…(by 『1日外出録ハンチョウ』©︎福本伸行)

ファッションに対するモチベーションが上がる

3つ目が、ファッションに対するモチベーションが上がることです。

先述の通り、「わからない」「正解がない」が理由で服選びが面白くないので、そもそも「服を買いに行って経験値を貯めよう」というモチベーションが湧かず、なおさら興味が持てないという悪循環でした。

しかし、パーソナルカラー診断を受けると、ファッションに対するモチベーションが上がります。なぜなら、パーソナルカラー診断中にめちゃくちゃ褒められるからです。

パーソナルカラー診断のやり方は、診断士がドレープという色のついた布をクライアントの顔の下に順番に当てていき、その印象の変化を教えてくれます。

似合わない色だとネガティブなフィードバックをくれます。

パーソナルカラー診断士
  • ちょっと顔色暗く見えますね
  • 顔に影がかかったように見えますね

逆に似合う色だとポジティブなフィードバックをくれます。

パーソナルカラー診断士
  • めちゃめちゃ似合いますね!
  • 顔色が良く見えます
  • すごい若く見えますね!
  • あ^〜いいですね^〜
乗せられるチャイフ
それだけ褒められると、「その色の服を着てみたい」と思ってしまいますよね。

ショップ店員も「褒めて気持ち良くさせて買わせる」というセールストークをしていますが、パーソナルカラー診断はこちらが申し込んで受けているので問題ないです(?)。

パーソナルカラー診断は、それまで興味が持てなかったファッションに対して動機付けをしてくれました。

パーソナルカラー診断は時短になるぞ

いかがでしたでしょうか。

3つのメリットを挙げましたが、個人的には「迷わなくなる」「時短になる」というメリットが一番大きいと思います。

ファッションは、今すぐやらなくても特に問題はないが大きな影響を及ぼすという意味で、典型的な第2領域だと思います。パーソナルカラー診断は一度受けたらその後の人生でずっと使える知識なので、つべこべ言わずに一度受けたらいいと思います。

「第2領域」にフォーカスすべき理由と3つのコツ

2020.07.16

最後に、東京にあるパーソナルカラーサロンを100店まとめた狂気の記事を見つけたので置いておきます。

【2022最新】東京のパーソナルカラー診断 | 東京のサロン100店を完全まとめ!

それでは。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です