CATEGORY 持論

持論

人生は自分だけが主人公の脚本である【ポエムです】

死生観についてのポエムを書きました。…人生というのは、何のためにあるのか。人生というのは、自分のためだけにある。地球上に生きる万人に例外なくそうなのである。他人の人生に口出しはできないし、している暇もないはずである。他人に人生を口出しされる筋合いはないし、されている暇もないはずである。…人生を生きる意味とは何なのか。

持論

【意識面・行動面】人に頼るための3つのコツ【激ムズ】

人に頼るの、難しくないですか?困った時に人に頼らず、単に行動がストップしてしまうこともあり、人に頼るために意識することや、アクションを考えてみました。…「人に頼る」ときの背景、「人に頼る」までのフロー、「2.人に頼る」ために意識すること、「1.自分で解決を試みる」に固執しないことが全体最適…「2.人に頼る」ときの行動…

持論

【禁句】「なんでも / どっちでもいいよ」は選択放棄【自戒】

「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」という富岡義勇の名言を、現代風に解釈してみました。…「なんでもいいよ」という発言、まさに「生殺与奪の権を他人に握らせている」と思いませんか?…他の人に「決める」を委ね続けることは、自分の評価や能力にも悪影響を与えます。無責任な人だと思われる、都合のいい人だと思われる、意見…

持論

【お笑い】「ボケ」「ツッコミ」とは何か?第三勢力「拾い」とは?

ボケ、ツッコミに次ぐ第三勢力「拾い」とは?その特徴は?どういうときに使われるのか?ボケとツッコミとはどういうものかから紐解いていきます。…ボケとは、認識のギャップです。…ツッコミとは、ボケが生み出した差分を指摘することです。…「拾い」とは「ある発言にフォーカスすること」です。…

持論

意見が偏ってしまうときに思い出したい3つの考え方

「水掛け論」とは、「両方が互いに理屈を言いあって解決しない議論」のことです。ものごとをゼロかヒャクかで考えてしまう人って、多いですよね?…視野を広げて、どちらの意見も取り入れるような、あるいは両者以外のところに答えを見出すような考え方を3つ紹介したいと思います。第一に、止揚とは、対立・矛盾する2つの意見を…

持論

X世代も昔はカッコ良かった

上の世代の方々と接していく中で、僕はずっと違和感を感じていました。それは、彼らにカッコ良さを感じない、ということです。
カッコ良さを感じないのはなぜだろう?ということで原因を追求してみました。なぜ考え方がズレるのだろう、と考えたときに、世代の差がもたらす違いが、3つ挙げられます。それは、「技術」「価値観」「残り時間」です。

持論

子供は所有物ではなく対等に接するべき

問題となるパターンとして、過保護ゆえに、教師や学校側に無茶苦茶な要求を…親がすることは、1.見守るベース、2.提案する、選択肢をたくさん用意してあげる、3.間違った道に行かないよう軌道修正する(犯罪や道徳・倫理に反する行為など) 、プラス子供がやっていること(ゲームやスポーツなど)はできれば一緒に体験していく…