CATEGORY 健康

健康

【2020年冬】体温を高く保つ5つの方法【寒すぎ】

2020年12月16日現在、突然寒くなったので、これを読んだ人は今すぐ意識改革をして暖かくしてください!僕の周りでも体調を崩す人が急増している印象です。人間の体は高い環境適応能力を有していますが、「急な変化には対応できない」という性質があります。そこで、体温を高く保つための手段を5つ紹介します。…

健康

【健康】クーラーのつけっぱなしは”やる気を下げる”【自戒】

クーラーのつけすぎで「やる気が下がる」原因は、気合とか根性の問題ではなく、シンプルに体調不良という問題が起きているからです。「クーラーに当たりすぎたからだるい気がする」ときに身体に起きている問題とは、不自然に体が冷えてしまっていることです。ときどきクーラーを切る、寝るときは切タイマーをつける、設定温度を上げるなど…

健康

【近況報告】まずは自分のリズムを整えることを最優先する

お盆明けからなんとなく調子がよくないので、まずはそれを整えることから始めようというお話です。なんとなくですが、原因は体調不良な気がします。(人はそれを夏バテと呼ぶのでしょうか…?)そして、最優先事項は体調を整えることだと気づきました。早く寝て早く起きる、朝に運動をする、ちゃんとしたものを食べるなどです。…

健康

【睡眠】スムーズに入眠するための3つのコツとは?【意識改革】

「ベッドに入ったけど眠れない」っていうことありませんか?ベッドに横になる前にできることとして、「朝起きたときに太陽を浴びる」「運動する」「ブルーライトを見ない」、横になってからできることとして、「そもそも眠らなくていいと知る」「体の端から力を抜いていく」「体重が10倍になったと思い込む」というものがあります。

健康

比較実験による早く起きるための研究的手法

早起きについての研究結果です。今回話すテーマは一種のバトルです。僕から1つ言えることは、朝の自分にとって、再び布団に戻ることは全てに優先するということです。朝目覚めた時の自分は二度寝だけを求めるゾンビだとおもっているので、ゾンビを弱らせるための仕掛けをどれだけつくれるか、というワクワクバトルゲームだと思ってください。

健康

比較実験による早く寝るための研究的手法

タイトルは「早く寝る」になっていますが、これには理由があります。それは、早寝を語らずして早起きは語れないからです。
早寝は「どうすれば早起きできるか?」に対するシンプルな解答です。シンプルで周知の解答だが、大半の人ができていないのです。
気付いていないわけではなく、わかってるけどできないのです。